金融機関や不動産関係の仕事に就きたい

このコラムをシェアする

お客さんの生活に寄り添う仕事

ファイナンシャルプランナーはお客さんの生活スタイルや要望を聞いて、ふさわしい人生の計画を立てることが仕事です。
主に保険会社や金融機関で働く時に、この資格を持っていれば重宝されるでしょう。
有利に転職できるので、それらの企業で働きたい人は資格を獲得してください。
合格率は、40パーセント前後だと言われています。

またファイナンシャルプランナーとして活躍するなら、知識を持っているだけではいけません。
お客さんの話をしっかり聞いて、話し合いましょう。
どんなに知識を持っていても話を聞かなかったり、お客さんとの会話が平行線を辿ったりするなら、良いファイナンシャルプランナーとは言えません。
お客さんの声を聞くためにもコミュニケーション能力が大事です。

不動産を扱う仕事

不動産会社などに転職したい人は、宅地建物取引士の資格を得てください。
こちらは国家資格なので、合格率も15パーセントから18パーセントと非常に難易度が高い資格です。
持っていれば、お客さんから信頼度が高まります。
仕事を円滑に進められるので、転職したばかりでも高額な給料を得られるでしょう。

転職だけでなく、キャリアアップする時にも資格が有利に働きます。
キャリアアップするためには、様々な仕事を体験して、経験を重ねることが重要です。
そのため新しい仕事を任されたら、積極的に挑戦しましょう。
難しそうな仕事でも、挑戦しなければ自分の能力を高めることはできません。
また仕事を断ると、やる気のない人間だと思われるリスクがあります。